経済@ふたば
[ホーム]

[掲示板に戻る]
レス送信モード
おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)


画像ファイル名:1563354867111.png-(74014 B)サムネ表示
74014 B何かの予兆? 首都圏の新築マンションが、パッタリ売れなくなった Name 名無し 19/07/17(水)18:14:27 No.474176 del + 9月14日頃消えます
土地価格は少なくとも東京五輪まで上がる――。そう信じて都心にマンションを買った人たちが、いま痛い目を見ている。開発されつくした首都圏に建つ、大量の売れ残りマンションはどうなるのか。

どう考えても作りすぎ
 「うちも含めて、大手デベロッパーはみんな焦ってますよ。都心の新築マンションがまったく売れないんです。マンションは第1期の売り出しで、最低でも半分が即日で成約しなければ全室売り切れないと言われています。
 アベノミクスがはじまったころは即日完売が当たり前だったのに、今は1期あたりの売り出し戸数を5分の1にして、『第1期即日完売』と無理やりアピールしています。売れている雰囲気を作るのに必死ですよ」(大手デベロッパー社員)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00065902-gendaibiz-bus_all
無題 Name 名無し 19/07/17(水)18:15:12 No.474177 del +
    1563354912705.png-(28898 B) サムネ表示
28898 B
 不動産価格は伸び続ける。居住用でも投資用でも、今買っておいて損はない。こんな商売文句で客を口説いていたデベロッパーが、揃って頭を抱えている。
 6月17日に不動産経済研究所が発表した「首都圏のマンション市場動向」は、高止まりの続く不動産市場が完全な「曲がり角」にさしかかったことを示した。
 東京23区における今年5月の新築マンション発売戸数は781戸で、前年同月と比べて36.3%も減少したのだ(契約率は65.8%で同3.9%減)。
 ちなみに、首都圏で4月に発売された新築マンションは1421戸で、4月に1500戸を割り込んだのは27年ぶり。バブル崩壊直後の'92年並みの水準に逆戻りした。
 アベノミクスが始まった'13年から、マンションは建てれば即日完売という状況が続いた。ところが今年5月、首都圏で即日完売となった新築マンションはわずか5棟22戸にとどまっている。
無題 Name 名無し 19/07/17(水)18:15:34 No.474178 del +
 マンションが売れなくなった。原因は明確だ。近年の好景気ムードに押されて、あまりにもマンションを建てすぎてしまったのだ。
 「特に顕著なのがタワーマンションです。超高層なら猫も杓子も売れていた時期がありましたが、今は竣工から5年が経過しても売れ残るケースが増えています。
 たとえばゴールドクレストが建てた『勝どきビュータワー』は、2010年竣工にもかかわらず未入居物件の広告がいまだに出ています」(不動産ジャーナリストの山下和之氏)
 '19年5月時点での首都圏マンション完成在庫は3539戸にのぼる。アベノミクスが始まった'13年は1000戸台だったことを考えると、「作りすぎ感」が否めない。
 供給過剰になれば、新築・中古問わずマンション在庫がダブつくのは当然だ。価格の頭打ちを迎え、割高でマンションを手にしてしまった住民たちは強く後悔している。
無題 Name 名無し 19/07/17(水)18:16:26 No.474179 del +
中古も買い手がつかない
 4年前に湾岸エリアで新築2LDKのタワーマンションを購入した30代男性はこう言う。
 「2年間住んだあと、購入価格に300万円上乗せして売り出したのですが、半年経っても売れる気配がない。
 そこから400万円下げ、原価割れで売り出したのですが、若干問い合わせが増える程度。さらに200万円値下げした今になってようやく買い手がつくかな、という状況です」
 市場が飽和するほどマンションを建て続けた理由は、少なくとも東京五輪が行われる2020年まで、首都圏の土地価格がずっと上がり続けると信じられてきたからだ。だが実際のところ不動産市場では、ジワジワと悲観的な予測が増えはじめている。
無題 Name 名無し 19/07/17(水)18:16:43 No.474180 del +
 このことを裏付けるのが、6月10日に全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が発表した「不動産市況DI(指数)」だ。
 この指数は、3ヵ月前と現在の不動産価格の推移や取引実績を比較調査し、「現在」そしてさらに「3ヵ月後」の土地価格が上昇傾向、または下降傾向にあるのかを数値化したものである。
 今年4月に行われた調査では、全国で5.4ポイントと前回('19年1月)比0.8ポイントの上昇がみられたが、関東に限ればマイナス3.1ポイントと、前回比2.6ポイントの下落を示したのだ。ちなみに関東は2調査連続のマイナスである。
 それだけではない。「3ヵ月後」の見通しは全国ベースでマイナス6.2ポイント、関東ではマイナス12.8ポイントと、大幅なマイナス予測が出ているのだ。
無題 Name 名無し 19/07/17(水)18:17:44 No.474181 del +
投資家は「終わり」を見越している
 この数字をどう読み解けばいいのか。前出・山下氏は言う。
 「全宅連の調査対象は50坪程度の個人間売買物件で、商業地や大規模な宅地は含みません。ただ、この指数がマイナスであるということは、すでに地価が頭打ちとなり、下落に向かうと感じている人が増えてきていると言えます」
 買った物件に住んで自分で使う、いわゆる「実需」ベースの購買層だけでなく、マンションバブルを牽引してきた投資家層も、不動産バブルの終わりを予期して動き出している。
 住宅ジャーナリストの榊淳司氏が言う。
 「一時期人気を集めた晴海などの湾岸エリアや武蔵小杉で異変が起きています。地価上昇を下支えしていた中国人購買層がマンションを売りに回しはじめたのです。
無題 Name 名無し 19/07/17(水)18:18:01 No.474182 del +
 市況に敏感な彼らが引き揚げたということは、想定以上に値崩れのスピードが早い物件が出てくるかもしれません」
 オフィスビル仲介大手の三鬼商事の調査によると、今年5月の都心5区のオフィス空室率は1.64%と、'02年1月以来最低を更新し続けている。
 またインバウンド需要を見込み、都内では年間1万室近いホテルが新しく建てられ、山手線の狭いエリアで陣取り合戦が繰り広げられている。いわゆる商業用地の土地価格が伸びるウラで、住宅地の値段は下がり始めているのだ。
無題 Name 名無し 19/07/17(水)18:34:59 No.474185 del +
    1563356099843.jpg-(25406 B) サムネ表示
25406 B
ソースはゲンダイ(笑)
無題 Name 名無し 19/07/17(水)21:55:25 No.474194 del そうだねx1
作りすぎだね
無題 Name 名無し 19/07/17(水)22:16:57 No.474195 del +
これから消費税が上がるので余計に売れなくなる

東京都心の新築マンション、高すぎて完成後も売れない物件続出…富裕層のための特殊品化
https://biz-journal.jp/2018/07/post_23891.html
無題 Name 名無し 19/07/18(木)05:55:30 No.474212 del +
東京オリンピックで選手たちが生活するマンションは終わったら一般に販売するらしい
明らかに供給過多
無題 Name 名無し 19/07/18(木)06:40:06 No.474215 del +
こういうのはチキンレースだしな
まだ大丈夫だろうとズルズルいってしまう
無題 Name 名無し 19/07/18(木)09:06:58 No.474220 del +
高いときにローンを組んで無理して買ったやつは哀れだな
無題 Name 名無し 19/07/18(木)09:50:54 No.474221 del +
>高いときにローンを組んで無理して買ったやつは哀れだな

しかし残っている部屋はやっぱりそれなりだよ。
買われている部屋は回数が上だったり、いろいろと条件が良いんだよ。
売れないのにも訳がある。

【記事削除】[画像だけ消す]
削除キー
- GazouBBS + futaba-