長野県大鹿村で行われているリ
井戸の水位が2〜5m前後低下 リニア新幹線トンネル掘削工事の影響 名無し 11/27 2458746
IP:153.191.*(ocn.ne.jp)

長野県大鹿村で行われているリニア新幹線のトンネル工事で、2022年4月以降、掘削に伴って出る水の量が増え、周辺の井戸の水位が低下していたことがわかりました。

調査はJR東海が2022年度に実施したもので、24日に県庁で開かれた環境影響評価の技術委員会で報告されました。

それによりますと、大鹿村では伊那山地(いなさんち)トンネルの工事に伴って出る1日当たりの湧水が、それまで500立方メートルだったものが、22年4月以降は、1,500〜2,000立方メートルへと急激に増加。

工事現場での湧水は1日500㎥→2,000㎥へと急増 JR東海は調査継続へ 名無し 11/27 2458747
IP:153.191.*(ocn.ne.jp)
工事現場近くの2か所の井戸の1つで2.6メートル、もう1つの井戸では5.2メートルそれぞれ水位が低下しました。

JR東海は工事によるものと認め、周辺への影響を継続的に確認するとしました。

委員からは、村内の別の現場でも湧水量が多いとする指摘や、雨の量との関係などより詳細なデータを求める意見が出されました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4439...

続きを見る05日10:58頃消えます









戻る

レス

おなまえメールコメント