人気NFT「BAYC」制作企
無題 名無し 06/13 755368

人気NFT「BAYC」制作企業、メタバースで土地販売か 
独自トークン発行も計画

人気NFT(非代替性トークン)コレクション「Bored Ape Yacht
Club(BAYC)」の制作企業Yuga Labsは、メタバース(仮想空間)
で土地の販売を計画していることが分かった。
CoinPostの提携メディア『The Block』が報じた。Yuga Labsはゲーム
に特化した新しいメタバースプロジェクトを計画しており、2022年
には主に仮想土地の販売を通して、およそ4.5億ドル(約530億円)の
純利益を見込んでいる。また、独自トークン「APECoin」を発行して、
メタバースで使えるようにする計画もあるという。

無題 名無し 06/13 755369
「101BoredApeYachtClub」が約26億円で落札

米オークションハウス大手のサザビーズ(Sotheby’s)のオークションにて、
NFTコレクション「101BoredApeYachtClub(ボアードエイプヨットクラブ:
退屈な類人猿ヨットクラブ)」が約2440万ドル(約26億円)にて9月9日に
落札された。
「101BoredApeYachtClub」は米国を拠点とする企業ユガ・ラボ(Yuga Labs)が
制作した猿をキャラクター化したNFTコレクションだ。今回落札されたのは
ユガ・ラボが元々展開していたNFTシリーズ「BoredApeYachtClub(BAYC)」の
全170種類全10,000点ある作品のうちの101種類の101点のNFTと、新たに制作
された6種類6点のNFTを合わせた107点のNFTがセット販売されたものとなる。
無題 名無し 06/13 755370
Bored Ape Yacht Club、売上高が10億ドル突破

サルをモチーフにしたBored Ape Yacht Club
(BAYC)という1万点の人気NFT(非代替性トークン)
コレクションの売上高が10億ドルに達した。
このアバターは当初、オンラインコミュニティに参加するチケット
として作成された。しかし、21年には驚異的な成長を遂げ、
CryptoSlamのデータによると、BAYCの総売上高は
22年1月4日に10億3000万ドルに達したという。BAYCは
21年12月、CryptoPunksの最低(フロア)取引価格を
一時的に上回っていた。その後、年明けに5500万ドル以上を
売り上げ、この記録を達成した。
無題 名無し 06/13 755371
人気NFT「BAYC」のエイプコインがリリース

人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」に
関連した暗号資産(仮想通貨)エイプコイン:ApeCoin(APE)が
3月17日リリースされた。
エイプコインは「BAYC」運営のユガ・ラボ(Yuga LABS)ではなく、
ApeCoin DAOが発行するERC-20規格のトークンだ。
同組織のガバナンストークンとして利用される他、「BAYC」に
関するエコシステムにてユーティリティートークンとしても利用
される。またその他にも限定グッズやイベントなどへの
アクセス権としての利用も想定されているようだ。

続きを見る07日21:30頃消えます









戻る

レス

おなまえメールコメント