政府は4日の閣議で、202
燃料高騰リスクに警鐘 円安で国富流出―エネルギー白書 名無し 06/05 2514857
IP:153.191.*(ocn.ne.jp)

 政府は4日の閣議で、2023年度版のエネルギー白書を決定した。液化天然ガス(LNG)などの価格高騰や、円安進行に伴って燃料の輸入金額が増加し、「国富」の海外流出が拡大していると指摘。「国際情勢によっては、より一層の価格高騰に陥ってしまうリスクや、エネルギーの安定供給に大きな支障が出るリスクも十分に考えられる」と警鐘を鳴らした。

 20年に11.3兆円だった化石燃料の輸入金額は、22年には33.7兆円と約3倍に急増。23年も27.3兆円と高止まりした。輸入量に大きな変動はなく、ロシアのウクライナ侵攻に伴う資源価格高騰や円の下落基調が直撃した形となっている。

 また白書は、世界各地で相次ぐ紛争や災害により、エネルギー安全保障が脅かされていることへの懸念を表明。化石燃料への過度な依存から脱却する必要性を強調した。その上で、再生可能エネルギーの導入拡大や最大限の原発活用などにより、「エネルギー自給率向上に向けた取り組みを、一歩一歩、進めていくことが求められている」との認識を示した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2024...

無題 名無し 06/15 2519322
IP:113.38.*(ucom.ne.jp)
日本はすでに営業利益で支払い利息を払えないゾンビ企業が20万社ほどある

ゾンビ企業が退場するとき
「失われた30年」が終わるとき
無題 名無し 06/26 2524543
IP:49.96.*(spmode.ne.jp)
国の対策 管制官なぜ減らして
国交省は責任すら取らない
滑走路誤進入に警報音
無題 名無し 07/07 2530442
IP:49.98.*(spmode.ne.jp)
5月消費者物価
伸び2・5%に拡大

再生エネちょう課金上げ

 総務省が5月全国消費者物価指数(2020=100、生鮮食品を除く)107・5と、前年同月と比べ2・5%上昇した。
伸び率は4月の2・2%から3カ月ぶりに拡大した。

電気料金の値上げが影響した。
歴史的な円安に歯止めがかからず、家計のやりくりは依然として厳しい。

 
無題 名無し 07/07 2530443
IP:49.98.*(spmode.ne.jp)
 電気代の伸び率は14・7%だった。再生可能エネ普及の目的で上乗せするちょう課金が引き上げられたのが主因だ。
 他の項目は、生鮮食品を除く食品が3・2%上がった。

 せんべいの上昇率が16・9%と目だった。キャベツが72・8%の大幅な上昇となった。

 宿泊料は訪日客の需要が好調で14・7%上がった。
 
エネルギー関連の料金は政府の補助金が6月使用分から廃止となる影響で一段と上昇となる見通しだ。

続きを見る24日09:54頃消えます









戻る

レス

おなまえメールコメント